効率的 痩せる 運動

効率的に痩せる運動

痩せるためには体を動かすことはとても重要になります。
若い頃痩せていたけど、社会人になって太りだした人は、運動量が激減していたり、お酒を飲み始めたりといった、何かしらのきっかけがある人が多いのです。
特に、仕事がデスクワークなどの座り仕事の場合、あまり動くことがない人は運動不足になっている可能性が高いのです。
体を動かすのは大事だとわかってはいても、常に頭を回転させているような仕事の場合、脳が疲れるとやはりお腹がすきます。
でも、実際にはほとんど動いていないので、食べた分の多くは脂肪として蓄積され、結果として年々体重が増えていく…現実問題、そういった方もたくさんいらっしゃいます。

 

では、いったいどのような運動をしたら効果的に痩せられるのでしょうか。
ジョギング?ウォーキング?水泳?ダンス?バランスボール?腹筋&背筋?腕立て伏せ?など、様々な運動がありますね。
基本的には、普段あまり動かない人は、まずはウォーキングやジョギングなどの有酸素運動がお勧めです。
そして、そこに腹筋や背筋等の筋トレ(無酸素運動)をプラスしていく。
これが、効果的に痩せる方法として当てはまる人が最も多いでしょう。

 

普段から体を少し動かしている、またはウォーキングは既にしているという人は、筋トレを組み込んでみましょう。
ある程度減った体重は若干増えるかもしれませんが、体はキレイに引き締まっていきます。
最初から激しい筋トレを行うことはお勧めしません。
なぜなら、まずは有酸素運動で、血液中のエネルギーを消費した方が効果的に痩せられるからです。
逆に、激しい筋トレを行うと、筋肉のエネルギーを消費してしまうのです。
ウォーキングなどである程度体を慣らし、脂肪を減らしたところで筋トレを行うと、基礎代謝がアップしますので、痩せやすい体づくりを目指すことができます。

 

 

最初からジムに通って筋肉をひたすら鍛える人がいますが、これはよくありません。
たとえば、ジムでも水泳を行ったり、エアロビクスをやってみたりして、慣れてきたらマシンを使って筋トレをプラスしてみましょう。
エアロバイクや、ランニングマシンをゆっくり行うのもいいですね。
脂肪燃焼には効率的な心拍数があります。
それは、最大心拍数の60〜80%程度ですので、これを目安に運動を行うといいでしょう。
時間は20分〜30分。
20分未満だと効果は現れにくいので、必ず20分は続けるようにしましょう。

 

私のおすすめは、スロージョギングです。
これは、ウォーキングより少し早いスピードで、歩幅を狭くして走るというものです。
ウォーキングよりも脂肪燃焼率が高く、また急に運動を始める人でも膝や腰を痛めにくいので、最近人気が出てきています。
もし、興味がある人は、様々YouTube等でもやり方が紹介されていますので、参考にしてみてくださいね。